おかもとまりの旦那に死別、声が変、DV男の噂?真相を解明してみた!



こんにちは!薫です。

 

皆さんは「おかもとまり」って知っていますか?

モノマネタレントであり4,5年前に広末涼子のモノマネで一躍有名になった女性です。

 

ですが、最近ではテレビ業界での仕事がほとんどない状態になってしまっているとか!

そんな「おかもとまり」の旦那が軽度の発達障害だと知られて話題になっていますね。

旦那の障害を告白した「おかもとまり」ですがいったいどんな心境だったんでしょうね?

 

今回は「おかもとまり」とその旦那naoについて書いていきたいと思います。

気になる方は最後まで読んでくださいね♪



おかもとまりのプロフィール

本名:岡本麻里⇒菅原 麻里(結婚後)

生年月日:1989年12月13日

年齢:29歳(2018年1月現在)

出身:群馬県藤岡市

血液型:O型

身長:156cm

スリーサイズ;80・58・84

職業:タレント、グラビアアイドル、女優、温泉レポーター

趣味:カメラ、ポールダンス、サンドイッチレシピ作り

資格:温泉ソムリエ

本名が芸名と同じ「おかもとまり」だったんですね!

最近、芸名と本名同じ人達が増えてきましたよね。プライベートと仕事分けるが大変そう・・・。

 

出身が群馬県(グンマー)ですが、実は群馬県ぐんま観光特使に任命されていますw

観光特使としては少しパンチが弱い気がしますが、当時の人気が凄かったからですね!

 

しかし、資格にある温泉ソムリエとはいったいどんな資格なのでしょうか?

気になったので調べてみましたが、資格というよりは雑学を知っているかみたいなテストでしたw

温泉ソムリエとは…温泉ソムリエ協会が温泉の知識と正しい入浴法を身につけた方に認定する資格

 

タレント活動で見掛けない事はないというレベルの時期がありましたが、徐々に仕事が減り

現在はタレントではなく、事業主として㈱mintoを設立。

情報系のブログ運営がしたかったみたいでトレンドブログのようなサイトを運営していますね!

(私の運営するTwillニュースみたいな芸能記事から季節記事などを書くサイトです)

 

職業や趣味からも見て取れるようにマルチに活動をしていて、多趣味なようですね。

そんな「おかもとまり」の旦那とはいったいどんな人なのでしょうか?

 

旦那「nao」のプロフィール

本名:菅原直洋(すがわらなおひろ)

生年月日:1980年12月13日

年齢:38歳(2018年1月現在)

出身:東京都

職業:歌手・音楽プロデューサー

元妻:歌手の「as」

出身が東京という事もあり、音楽に触れる機会が多かったのでしょうね。

歌手の川島あいと「I WISH」という音楽ユニットを結成して音楽活動をしていた方です。

現在は解散していますが、その後も音楽活動を継続しているとか!

 

Naoさんは以前、結婚をしていて子供が一人いるようです。

そんなNaoさんの元妻は「as」という歌手で知る人ぞ知る歌手でした。

どんな理由で別れたのか・・・気になりますよね?

 

元妻との死別の噂ってホント?

結論から言うと本当です・・・。元妻の「as」さんとは紹介されて出会ったとか!

二人のキューピッドになったのは当時のユニットメンバー川嶋あいでした。

仕事だけでなく、プライベートでも仲が良いみたいで「as」さんを紹介したみたいです。

 

気になる元妻の「as」さんはこちら!

綺麗な方ですよね!歌手としての活動も順調だったようで

PS2ゲームソフト「ブレイジングソウルズ」のオープニングを歌っています。

デビュー当初の楽曲も聴いてみましたが、いい曲でしたよ!

死別の理由と思われる内容をブログで公開していた「as」ですが

現代の奇病とまで言われた病気との闘病生活を明かしています。

 

まず、たくさんの心配をこんなにも長くさせてしまい、
本当に本当にごめんなさい。
ブログも書くことが出来なくてごめんなさい。
MIXIや手紙を通じて頂く励ましのメッセージに、
本当に勇気づけられ、励みになりました。
千羽鶴に、お願いしてました。
あなたに、あなたに、あなたに、本当にありがとう。
やっくんには細かいことはあまり言うなって言われてますけど、
私はみなさんに本当のことを伝えるべきだと思い、
今までのこと出来る限りお話したいと思います。

まず、
私が病気と闘い始めたのは、3歳のころです。
小児喘息で、入院してた時間の方が多かったかもしれません。
その喘息が、デビュー少し前から急に悪化して日を重ねる毎に発作の回数が増えていきました。
それにより、声帯に影響を及ぼす薬を投与しなくてはならなくなり、
歌手である私にとってはものすごい恐怖でした。
そして、そのことや、色んなことが原因で、
二年前から過喚起症候群という病気になりました。
それに平行して自律神経失調症になりました。
そして去年の夏から、新しい病気、喘息でも、過喚起症候群でもない
呼吸困難に襲われました。
例えるなら、24時間溺れているような感覚です。
その呼吸困難が一体何なのか、
名医と呼ばれるDrに何十もの病院に行って調べました。
しかし、どこに行っても「前例がない」とのことで、
いわゆる「奇病」扱いでした。
病気の名前も、薬も、成すすべもなく、救急で運ばれても何も対策がない。
そんな状態が一年弱続いて、
心にあったのは死への恐怖だけでした。
未来を失いかけました。
あるのはただただ呼吸ができない毎日だけでした。
少しづつ衰弱していき、食事も摂れなくなってしましました。
日本の医学に限界を感じ、最後の希望を信じて海外に引っ越しました。
そこで色んなことがわかり、
私と同じような病気を持っている人もたくさんいることがわかりました。
そこで出会ったDrに出会って色んなことが少しづつ分かり、
この病気は脳の疾患であることが分かりました。
(わかりやすく言うと、脳の呼吸を司る神経が痙攣する病気)
そこのDrに、日本でもアメリカと提携している医学が進んでいる病院を紹介してもらい、無事帰国しました。
7月19日に、新しい病院に通いだしてから、
何年ぶりかに、呼吸が楽になりました。
涙が止まりませんでした。
生きていることの喜び、産まれてこれたことの喜びを体中で感じました。
完治するまでは長い年月がかかってしまう病気なのですが、
今は調子が良い日は全く支障なく日常生活を送ることができます。
発作の回数も明らかに減ってきています。
長い長い苦しい日々から、やっと抜け出せた気持ちです。
まだこれからも闘病生活は続きますが、頑張っていけそうです。
海外にいるときも、入院中もできる限り、作詞のお仕事をさせていただいてました。
(そのことについては、また詳しくお話します。)
こんなに休むのは初めてなので、
歌いたくて、歌いたくてウズウズウズウズしてます。
でも今は我慢のとき。
焦らないで一歩づつ早くまた歌えるように頑張ります。

「AS」ブログより抜粋

この病気は快復の方向に向かっていたみたいですが、重い発作に襲われた際に良くならず

そのまま・・・という事だったみたいですね!

後に「AS」からTAMAMIへと改名しているのですが、その後に発作が起きてしまったみたい。

死別後にnaoさんの独白のような悲しみにくれる内容がブログでも綴られていました。

安らかに眠れ珠美。

本当に天使そのものだった。

光のお導きだ。

これからも僕らをポラリスになって優しく照らしておくれ。

君はその短い間に生まれること、生きること、死ぬこと教えてくれた。
僕にとってこれ以上のバイブルはない。
「人生は長さじゃない。生き様だ。」

安らかに眠れ珠美。

悲しさを表現していますよね。詩人な言い回しが素敵な印象を受けます。

家族との死別は人が思っているよりも当人達からしたら重いですよね・・・。

 

そんな中でも、ファンだった人達に向けてコメントを発表しなければならない。

その状況でこんな詩人な言い回しが出来るなんて本当に素敵な人なんだと思えますね!

 

Naoの声が変という噂の真相は・・・?

少し暗い雰囲気になってしまったので切り替えていきましょう!

ここではNaoさんの声が特徴的だという噂についての真相をお話したいと思います♪

 

旦那のNaoさんは以前から有名だったわけではありません。

ですので、声が特徴的だという事もあまり知られてはいませんでしたが

おかもとまりとの結婚後にメディアへの露出が増えてきて発覚したみたいですねw

こちらの動画ではおかもとまりとNaoさんのほのぼのとした会話が撮られていますが

確かに声が特徴的ですよね!ハイトーンの優しそうな声で人柄が想像出来ますw

 

DV男と噂されているが真実は?

ここまで読み進んで頂けている方なら何となく察して頂けるかもしれませんが

DV男だという噂は誤解によるものでした!

 

というのも、おかもとまりがNaoさんとの結婚後に「辛いことがあった」として

精神的に参ってしまい、入退院を繰り返していた時期があります。

 

その時期に人生初の骨折をした・・・。とブログで報告していたことから

「おかもとまりって・・・旦那からDVを受けているんじゃ!?」

と推測されて、DV男なんだ!と噂が一人歩きしている状態みたいですね。

ですが声が特徴的だと判断した時の動画を見て貰ったら分かると思いますが

DVしているような感じにはとても思えませんよね?

 

おかもとまりが語っている「辛いことがあった」とは結婚してみて

些細な事が上手くできないというNaoさんの軽度発達障害の事じゃないでしょうか?

まさか、ここまでだとは思っていなかった・・・という精神的な疲労感から

入退院を繰り返していたんだとすれば、辻褄が合いますよね?

精神的に参ってしまった原因であろうNaoさんの軽度発達障害についても

改善ではなく、理解してあげると楽になるというスタンスに落ち着いたみたいですね!



まとめ

今回は、おかもとまりの旦那であるNaoさんについて書いていきましたがどうでしたか?

まとめとしての要点は3点!

元妻との死別は事実。現代の奇病と言われる病気が原因だった。

声が変という噂は失礼!特徴的なハイトーン系の優しい声

DV男は誤解。今回発表された軽度発達障害が原因?

箇条書きにしてみると、まとめとしても見やすいですかね?

 

いつものように感想を交えてのまとめと、今回のように箇条書きでのまとめ。

どちらが見やすいかコメント頂けると嬉しいです。(おかもとまりについてもコメント欲しい

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました♪


2 件のコメント

  • こんにちは。
    DVがデマで良かったです。
    でも発達障害の方との付き合いは難しそうですね。
    私が読んでいる新聞に発達障害の4コマが掲載されています。
    色んな人に見てもらって、いろんな方が知ってもらえると
    皆生きやすくなると思います。
    その四コマの本がるので、タイトルをご紹介「うちの火星人」という本です。

    • まるいさん、こんにちは!
      いつもコメントありがとうございます( *´艸`)

      「うちの火星人」は確か1つの本としても売られていましたよね。
      少しだけ読んだことがありますが、「宿題が多い日に散髪しようとする話」が印象深いですね!

  • コメントを残す