ヨシダナギ写真加工無し、画像処理なしがヤバイと話題に!


 

こんにちは!薫です。

 

最近ニュースをよくチェックするのですがヨシダナギという方が話題に挙がっていますね!

写真展なども行っている日本の写真家であり、アフリカ人の実態を写真に収めた写真展が多く

少数民族にスポットを当てて現地に赴く事が多い方です。

クレイジージャーニーで取り上げられた事で話題なっていますが

その中でも話題に挙がっているのが現地の人と同じ格好をして撮影に挑んだ写真です。

こちらがなんと半分裸のような写真になっているようですw

 

その写真を探そうと話題になっているわけですが、実は活動内容もしっかりしており

現地の人に寄り添う形での撮影スタイルには注目が集まっています。

 

今回はヨシダナギの写真加工無し、画像処理なしがヤバイという事で書いていきたいと思います。

気になる方は最後まで読んでくださいね♪

 


ヨシダナギのプロフィール

 名 前:ヨシダナギ(本名:吉田 渚という説あり)

 血液型:A型

生年月日:1986年7月6日(2018年8月現在:32歳)

 出身地:東京都江戸川区

 経 歴:ネットアイドル ⇒ グラビアアイドル ⇒フォトグラファー

美人写真家という事で、かなりの注目が集まっているヨシダナギさんですが

実はネットアイドルとして活動していた過去があったりします。

こちらは後ほど書いていきますが、当時はかなりの人気があったようです!

 

ネットアイドルとしての活動に区切りをつけたヨシダナギさんは

縁のあった芸能プロダクションと契約しましたがグラビアアイドルとしての活動が多く

グラビアは自身に向いていないと辞めてしまいます。

 

その後、元々興味のあった写真への道に進むわけですが

普通に写真を撮るだけでは満足出来ず、より現地の人に寄り添う形のスタイルになっていき

話題になっている通り「服を脱ぎ民族と同じ姿になる写真家」となったわけです!

 

プロフィールでも使っている画像ですが、結構な美人さんですよね。

美人写真家としてだけでも話題になりそうですが、現地の人に寄り添う形のスタイルには

プロ意識の高さに驚かされます。

 

写真の加工無し、画像処理なしがヤバイと話題に

さて・・・男性の方々が心待ちにしている部分の紹介になるわけですが

写真の加工無し、画像処理なしがヤバイ!と言われるのも納得の内容でした。

グラビアアイドルをしていた事もあるわけで、スタイルもいいですよね!

 

ですが残念な事に完全に加工無し、画像処理なしという画像は見つかりませんでした・・・。

やはりテレビを通して伝わってくる情報しか無いので、加工済みばかりですね。

それでもほぼ加工無し、画像処理もほぼなしという状態の画像はネットにあったので

紹介したいところですが・・・難しそうです。(規約違反になる為)

 

この手の画像は規約が厳しいので、掲載されているサイトは無断転載になってしまいます。

YouTubeに動画があったりもしましたが、そちらも著作権侵害で削除された模様。

やはりネットで紹介するというのは難しいのかもしれませんね・・・。

 

写真展が芸術レベルのクオリティー

写真家・フォトグラファーとしてメディアに取り上げられたヨシダナギさんですが

写真展が芸術レベルのクオリティーと話題になっています

どれぐらい凄いのかなと思い調べてみたところ出てきた画像がこちら!

ネットに公開されている中でも、クオリティーの高いものを掲載させて頂いてますが

全体的に雰囲気が幻想的になっていますよね!

Nikon製の「D810」というカメラを使用して写真を撮っているとの事ですが

加工を多少しているとはいえ、神々しい雰囲気さえ感じる写真を撮れる才能が凄いです。

 

ヨシダナギさんはインスタも活用しており、今回紹介させて頂いた画像は

全てインスタにも掲載されているものです。

 

【 ヨシダナギ写真展 】 * どうも、こんにちは。 バッタの足で歯茎を負傷したのが少しトラウマになっているヨシダです。 * 5月30日から西武渋谷店で始まった写真展も残り4日間の開催となりました。25日はヨシダも17時半過ぎ頃より在廊する予定なので、是非、お誘い合わせの上、お立ち寄り下さいませー! ! * ◾︎ 写真展「HEROES」詳細 * 会期:2017年5月30日(火)~6月26日(月) メイン会場:西武渋谷店B館8F 美術画廊 お問い合わせ:03-3462-3485(美術画廊) 詳細:プロフィールに記載してあるHPからblogに飛んでご確認くださいませ。 * #ヨシダナギ #nagiyoshida #ヨシダナギのココだけの話 #クレイジージャーニー #シブセイ #アフリカ #ジョジョ立ち #スリ族 #ヒンバ族 #アファール族 #ボロロ族 #bororo #wodaabe #african #africaamazing #tribe #himba #africanbeauty #portrait #afar #photography #photographer #suri #ethiopian #afar #tribalpeople #papuanewguinea #namibian #sadhu #師匠のチンチン伸びーる

nagi yoshida / ヨシダナギさん(@nagiyoshida)がシェアした投稿 –


インスタに紹介されている中では、こちらの画像が印象的ですね。

気になる方は一度見てみてはいかがでしょうか?

クオリティーの高い写真がたくさんあるので見ていて楽しいと思いますよ!

ネットアイドルとしての過去とタトゥー

プロフィールのところで少し書きましたが、ヨシダナギさんはネットアイドルとして

活動していた時期があり、そこからグラビアアイドルになった経緯があります。

 

ネットアイドルになった話が凄いのですが、アフリカなどに対する憧れを語ったところ

10歳~14歳ぐらいまでいじめにあっていたとか・・・。

その気晴らしに親が買ってくれたパソコンで掲示板で知り合った出版社の人と

ホームページを作成して創作物語と自身の写真を掲載しネットアイドル1位になっていたそうですw

 

大きい辛い経験を乗り越えた人達って人間として魅力的に見えるという事もありますが

ヨシダナギさんの魅力も内面から出てくるものがあるのかもしれませんね!

 

そしてネットアイドルとしての過去とタトゥーが実は関係していると言われています。

腕にタトゥーをヨシダナギさんは入れていますが、鳥をモデルにしたタトゥーで

「自由」「大空に羽ばたく」という意味が込められているのではと言われてますね。

 

いじめを受けていた過去を考えると、乗り越えてきた道を物語っているようで

タトゥーに対して批判の声もありますが素敵な自己主張だと思えますね!

 


まとめ

今回はヨシダナギの写真加工無し、画像処理なしがヤバイと題して

写真展や経歴についても書いていきましたがどうでしたか?

 

本当は加工無し、画像処理なしのものを紹介したかったのですが

ブログ運営での規約違反にあたってしまう為、紹介を控える形になりました・・・

 

検索に挙がってこないようになっているのかもしれませんが

加工無しの写真や画像処理なしをアップしている方もいましたので

どうしても見たいという方は更に調べてみると見つかるかもしれませんね!

 

しかし・・・グラビアアイドルをしていたというだけあって

写真家になってもスタイルがいいですね!

30歳を超えた事で結婚を意識する相手が出てくるかもしれませんが

ワールドワイドに活躍するヨシダナギさんは外国の方と結婚しても不思議ではないかも?

 

関連しそうなことも紹介しているので少し長めの記事でしたが

最後まで読んで頂いてありがとうございました♪


コメントを残す