松井稼頭央が引退!2018年の成績と年棒は?ネットの反応まとめ

 

こんにちは!薫です。

松井稼頭央選手が今季引退になると話題になっていますね!

 

松井秀喜がメジャーに行った後に、追う形でメジャーに挑戦したのが懐かしく感じますが

そんな松井稼頭央選手は40歳を超えています。

「本当に恐ろしいのは小さい方の松井だ」というフレーズが今でも忘れられませんが

今季で引退をする松井稼頭央選手の2018年成績はどうなのでしょうか?

 

今回は松井稼頭央の引退と2018年成績と年棒について書いていきたいと思います。

気になる方は最後まで読んで下さいね♪

 

松井稼頭央のプロフィール

 

 名 前:松井 稼頭央(まつい かずお)

 本 名:松井 和夫(まつい かずお)

 出身地:大阪府大阪市

スタイル:右投げ両打

 経 歴:西武 ⇒ニューヨークメッツ ⇒コロラド・ロッキーズ 

       ⇒ヒューストン・アストロンズ⇒コロラドロッキーズ

         ⇒楽天 ⇒西武

日本人初の内野手としてメジャーデビューを果たした選手で

メジャーでは松井秀喜がゴジラと呼ばれるのに対して、リトルゴジラと呼ばれていた。

 

7年間メジャーに挑戦し続け、30歳頃からケガに悩まされつつも

日本に帰国して楽天、西武と活躍を続けていた!

 

 

2018年の成績と年棒

メジャーから帰ってきてから大きな話題にならなかった松井稼頭央選手ですが

2018年の成績と年棒はどれぐらいなのでしょうか?

気になったので2018年現在の成績と年棒も調べてみました!

2018年 松井稼頭央選手の成績と年棒

打率:0.129

試合:33試合出場

打席:31打席

年棒:4,000万

今季の成績を野球を普段見ない方でもわかりやすい部分だけ紹介していますが

42歳という事もあり、リトルゴジラといえども厳しい成績になっていますね・・・。

 

昨年2017年までは本塁打(ホームラン)も数本打っており

チームにバットで貢献していましたが、今年は振るわなかった事もあり

今季限りの引退を決意したのかもしれません。

全盛期の松井稼頭央選手を知らない方のために少し紹介すると

2002年時 松井稼頭央選手の成績と年棒

打率:0.332

試合:140試合出場

打席:651打席

年棒:2億5500万

このように日本の誇るトッププレイヤーとして西武ライオンズで活躍していました。

現在は選手兼コーチという事で出場数も少なくなっていますが

野球ファンと魅了するほどのプレイをこなしていたわけです!

 

今季で引退・・・古巣の西武ライオンズで優勝なるか!?

今季で引退してしまう松井稼頭央選手ですが

プロ野球人生の始まった西武ライオンズが奇しくも最後のチームになっています。

ニュースでも取り上げられていますが、西武ライオンズは現在パリーグTOP

 

古巣の西武ライオンズで優勝を飾り引退するというドラマが見られるのか

今季のパリーグは例年以上に盛り上がっていきそうですね!

 

ネットの声

野球ファンでなくとも知られているほど活躍した松井稼頭央選手。

今季引退のニュースを見てツイッターが賑わっていたので

ネットの声を一部紹介していきたいと思います!

やはり名選手だけあって引退が発表されると寂しいですよね・・・。

20~30代の方は野球を見ていなくても知っているほどですし

これからは選手としてでなく、コーチや監督として携わる可能性もありますね!

 

まとめ

今回は松井稼頭央選手の引退と2018年成績と年棒について

ネットの声を交えながら書いていきましたがどうでしたか?

 

日本人がメジャーに挑戦する流れを作っていった選手の1人なだけに

今季限りで引退してしまうのは寂しく感じてしまいます・・・。

野球をほとんど見ない方でも知っている方が多い選手なだけに

ニュースで取り上げられて話題になるのも分かりますね!

 

古巣の西武ライオンズで優勝して欲しいところですが

9月26日現在で西武ライオンズはパリーグTOPの状態ですし

このまま逃げ切り、日本一になって野球人生の幕引きになったら最高です!

 

残り僅かですが、松井稼頭央選手に活躍していって欲しいですね♪

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

 

 

 

 

コメントを残す