山本KID死因の病名は何ガン?ステージ末期?痩せすぎ画像をFLASHが公開していた



 

こんにちは!薫です。

格闘技界において衝撃的なニュースが飛び込んできました・・・。

 

8月に癌であることをインスタにて公表していた総合格闘家の山本キッド(KID)徳郁さんが

9月18日に亡くなってしまいました・・・。

癌を患っている事をインスタで告白したのが8月26日だったわけですが

一ヶ月も経たないうちに亡くなってしまった事から

「実は末期がんだったのでは?」「癌の種類的に治療が難しいものだったのかも」

などネットでは様々な意見が飛び交っています。

 

以前と比べて激やせしている画像をインスタに投稿していた事が話題を呼び

病気の心配をされるコメントも散見されていたので

この時から既に癌治療を始めていたのかもしれませんね。

 

今回は山本キッド(KID)徳郁さんの癌の種類やステージは末期で激やせしたのか

という事について書いていきたいと思います。

気になる方は最後まで読んでくださいね!

 


山本KID徳郁のプロフィール

 名 前: 山本KID徳郁(やまもとキッドのりふみ)

 本 名: 岡部徳郁(おかべのりふみ)

生年月日: 1977年3月15日(現在41歳)

 出 身: 神奈川県川崎市

 身 長: 163㎝

 体 重: 61キロ

 職 業: 格闘家、経営者

 所 属: KRAZE BEE

山本KID徳郁選手といえば、「神の子」と言われていましたよね?

類まれなるファイトセンスは総合格闘技にも関わらず

ボクシングのナジーム・ハメドを彷彿とさせる好戦的なスタイルでした。

 

父がレスリング元日本代表の山本郁榮であり

姉の山本美憂と妹の山本聖子はレスリング界では世界選手権制覇者として有名な選手。

山本KID選手もレスリング系の技術は家族から学んだという事ですね!

 

癌の種類は胃ガン?皮膚がんという噂もあるが・・・

ニュースでも様々な推測を呼んでいる癌の種類が気になりますよね。

今日のニュースでも紹介されていましたが消化器系の胃ガンが有力説です。

 

闘病中と報道された際に言われていたのが、

皮膚に悪影響を及ぼすといわれている墨を体に入れているところから

「皮膚がんの可能性があるのでは?」という事です。

 

ですがニュースでも言われていた通り消化器系と関係者の方が言われていたり

消化器系でも発症しやすいのが胃がんというだけなので

実際のところ本当に胃がんだったのかは不明です。

 

死因のガンは末期だった?ステージⅣで治療が困難

山本KID選手がガン闘病中という事を告白したのが8月下旬。

そこからひと月経たずに亡くなってしまいましたがガンは末期だったのでしょうか?

闘病を告白した時点でステージⅣ(治療が困難な段階)だったと思うほど

進行があまりに早い状態なので、長い闘病生活だったのかもしれません。

 

以前からステージⅠといわれる初期症状の段階で治療をしていて

転移を繰り替えしていたところで治療が間に合わない状態になってしまった・・・。

そう考えるのが自然のように感じてしまいます。

 

 

痩せてきたと心配の声があった!実はこの頃から治療中?

実は山本KID選手は前々から『痩せてきた・・・病気なのかな?」と

ファンからは心配する声が挙がっていました。

心配する声として代表的なものが今年の5月頃の試合時にツイートされており

以前の山本KID選手に比べて華奢な印象が見受けられるようです。

こちらが心配された当時の画像になりますが

確かに以前の状態と比べて痩せてきたと心配の声があるのも納得です。

年齢を重ねていってるわけですから、20代の頃と比べると痩せて当然ですよね?

 

しかしインスタに投稿していた写真画像では確かに病的な細さに見えなくもない状態で

年齢を重ねていたとしても闘病生活を送っているのではないかと心配するのも分かります。

長い闘病生活を送っていたようですから、実はこの頃から治療中だったのかもしれませんね!

 

痩せすぎ画像をFLASHが公開!グアムでの闘病生活

FLASHが山本KID選手が痩せすぎていた画像を公開していたようです。

グアムでの闘病生活を送っていたとされている山本KID選手ですが

こちらの画像を見ていただけると深刻な状況だったという事がわかると思います。

痩せてきたといわれている画像と比較しても更に痩せており

よくみると車イスでの生活を送っているという事がわかると思います。

 

この件に関しては引用元であるFLASH様の記事がわかりやすいと思うので

そちらを見て頂けると理解出来ると思います。

胃がんは防げる病として認識されつつある一方で、まだ早期発見が重要であり

転移などを繰り返していると再発に気付きにくいのかもしれませんね・・・。

 

総合格闘技界への影響は?追悼コメントの多さが凄い

総合格闘技界の星と言っても過言ではない活躍ぶりを見せてきた山本キッド(KID)徳郁さん。

業界を盛り上げてきた「神の子」の活躍ぶりが見れなくなる事は寂しくなりますね・・・。

総合格闘技といえば山本KID徳郁という印象の方も少なくないのではないでしょうか?

KrazyBeeという格闘技チームを運営していたということもあり

そちらの公式サイトからツイッターで報告が投稿されていますね!

追悼コメントは公式サイトからの報告を皮切りに著名人達からもされていきます。

 

「KIDさん、、ご冥福をお祈りします」

浅倉カンナ

「ゆっくり休んでくれ。俺もそのうち会いに行くからさ。また会おう」

武蔵

「早すぎるよー!お別れも出来ず残念でなりません。心からご冥福をお祈りします」

吉田沙保里

追悼コメントは格闘技界隈を優先的に紹介していますが

タレント・芸人・競技者など多くの著名人達から追悼コメントが挙げられています。

それだけ影響力のあったんだと改めて思わされますよね!

 


まとめ

今回は山本キッド(KID)徳郁さんの癌の種類やステージ末期だったのか

について書いていきましたがどうでしたか?

 

ガンを告白した時から心配されて話題になっていましたが

「前向きだし、ステージ初期なのかも」という期待があった分

ファンの方々のショックは大きいと思います。

 

グアムで治療に専念したという事も

日本のファンを心配させたくない事から

あえて海外を選んでいたのかもしれませんよね?

 

プリンスと呼ばれたナジーム・ハメドを彷彿させるようなファイトスタイルで

山本キッド(KID)徳郁を筆頭に総合格闘技界に魅了された1人である私が

記事にする話題になってしまい本当に残念です。

 

闘病生活の末、神様は微笑んでくれませんでしたが

神の子・山本キッド(KID)徳郁と謳われたのが懐かしいです・・・。

格闘技ファンとして、ご冥福をお祈りしています。

 



コメントを残す