えんにち芸人コンビが解散!解散を惜しむ声も・・・



こんにちは!薫です。

芸人コンビのえんにちが12/31に解散するニュースが話題になっていますね!

 

えんにちといえば「極道芸人」として話題になりましたが、

解散の理由とはなんだったのでしょうか?

 

今回はそんなえんにちの二人が解散する理由について考察したいと思います。

理由として挙がって2つ挙がっているようなので1つずつ考察していきましょう!

・極道芸人えんにちの解散!

・同期からプレッシャー?

 



・極道芸人えんにちの解散!


 

 

 

えんにちの二人と言えば極道ネタを扱う芸人として有名ですよね!

私もM-1グランプリをよく見たりしているのですが、結構出てくるぐらいの芸人です。

やくざ風の見た目をしたアイパー滝沢さんのインパクトが凄くて面白いんですよねw

ネタは凄く好きな二人なのですが、最近テレビではあまり見かけませんでしたね。

理由の中で一番有力視されているのが暴力団排除条例の煽りを受けてしまった

という説です。

 

具体的にいうと任侠ネタをテレビで取り扱う事自体を排除する条例が施行されてしまって

「極道芸人えんにち」としてコンビでの活動が難しくなってしまったので

今回、解散するのではないかという事ですね!

 

なぜその条例が施行されてしまうと芸人なのに活動が難しくなるの?と思う方もいますよね。

実はここが今回、解散と引退の理由になると思いますが、

任侠ネタを取り扱っていると地上波放送にはほとんど出てこれないんです。

 

この暴力団排除条例というのは暴力団を連想させてしまうようなものを排除していきましょう!

という条例なのですが、「極道芸人えんにち」として活動していた二人は

暴力団を連想させてしまう芸人になってしまうわけです。

 

もちろん視聴者の私達はそんな事は気にしませんよね?ですが、条例で決まった以上は

テレビ局としても「極道芸人」としてのえんにちは起用しづらい・・・。

その結果、地上波放送から消えていってしまったという事です。

 

もちろん芸人としての活動はテレビ以外でもお二人はやられています。

ですが、芸人としてテレビでの活動が大きく制限されてしまうというのはきついですよね?

本来ならばテレビにも起用してもらってネタを見てもらって・・・というのが芸人です。

 

極道芸人えんにち」を解散することでテレビでの活動制限を無くそう。

そういった理由ではないかと言われていますね!

 

 

・同期からのプレッシャー?


 

 

こっちの理由は芸能界ではよくある話だと思うので取り上げてみました。

実は「極道芸人えんにち」の二人ってハリセンボンと同期なんですよね!

 

バラエティー番組でも多く出演しているハリセンボンを同期に持つ二人。

プレッシャーも相当あったのではないでしょうか?

 

実際に芸人達で同期との差が凄くて辞めるというのは良くある話です。

同期格差が凄い人達といえばオリエンタルラジオとの同期組・・・。

ニッチェ・三四郎・フルーツポンチ・はんにゃなどここの同期話は面白いですw

今度記事にする予定ですが、同期との差というのはかなりプレッシャーになります。

 

芸能界はブレイクして売れたら終わりじゃなく、人気を維持する必要があるわけです。

人気を維持し続けている同期がいる中でブレイクすらまだ無い・・・。

そうなると自信を無くしてしまったりしますよね?

えんにちの二人もプレッシャーは少なからずあったと思うので書いてみましたw

 



まとめ


 

 

今回は好きだった芸人「えんにち」が引退するという事だったので書いてみました。

正直、任侠ネタでもダメっていうのは少し規制が厳しい気がするんですよね~。

こういう人いそう!っていう共感が面白かった芸人なだけに凄く残念です。

 

今回の解散で眼鏡を掛けている方の望月リョーマさんは引退するそうですが、

アイパー滝沢さんはソロで活動を続けていくとの事!

これから解散する12/31までの二人の動向が注目を浴びそうですねw

 

また何か動きがあったら記事にしますのでそちらも読んでくださいね!

最後まで読んで頂いてありがとうございました♪

 



コメントを残す